BLOG

楽しそうな人見ると楽しくなる。怒ってる人見るとこわい

こんばんはトカゲだよ。

目に見えてブログの更新頻度が減っているよね。そしてやがて滅びるんだよ。昔からそう。

まあでもブログの存在を思い出したのでとりあえず更新しようかなと、思います。

ここのブログってまじで誰も見ないと思うから好きなこと書けると思うんよね。ツイッターとかよりも。いやツイッターにも好きなこと書いてんだけど万が一この人に見られたらやべーなとか思いながら書いてたりするからすぐ消したりするし。でもここは人類未踏の地だからバレねえし全部ぶちまけてやるぜ。

まず、これ。「超こえー!!」

前回の投稿にも書いたんすけどトカゲは今、楽曲提供を積極的に行っていまして、ありがたいことに現在進行中のプロジェクトが数本あるんですけどね、今までだったらね、トカゲがトカゲのために曲書いてレコーディングして、ちょっとドラムよたったりベースしくったりギター雑だったりしても「いやこれが俺なんで。ロックなんで。」とか言ってれば何とかなったし何よりしくっても自分が損するだけだったから超気楽だったんすよ。いや、実際にそういうのがグルーヴを生み出していくとは思っているんだけど。

でも楽曲提供ちがう。

誰かの表現をトカゲがやるという難しさ。あと責任。

表現することは頑張ればできる。と思う。できてるかわかんないけど、その人の性格とか思ってること、発言、発言した時の感情とか想像するの得意だから、その人になりきって作ることはできる。(合ってるか合ってないかはしらん。)

そんでトカゲの中で気持ちを消化して作品にするところまではできる。今まで十何年やってきたし、できる。と思う。

でもそれっていいのかな。正解なのかな。って。正解がないからただただ不安。でも不安なんて言えないじゃん。作曲者が不安だったら嫌でしょ。絶対に。だから大丈夫ですって言う。歌い手さんに。何より自分に言ってる。

トカゲに依頼しないでほかの人に依頼したほうが良かったんじゃないかなって思うことがある。(絶対こんなこと言えない。)

「音楽に正解ってない。」って誰かが言った。でもトカゲは違うと思う。そんな曖昧なものならこんなに奥深くない。大多数に良いと思われ、大多数にイマイチと思われる事がある。

だから音楽に正解はある。「いい音楽」は存在するし「悪い音楽」も存在する。

だから良い音楽を作りたい。あみだくじで決まってしまってトカゲとペアになってしまった歌い手さんがいるかもしれない。トカゲがやりたいっていわなければもっといい人と出会えた歌い手さんがいるかもしれない。だからトカゲはいい音楽を作りたい。

 

音楽に正解はある。